虫歯

2018/01/07

5月末のある夜、凄まじく歯が痛くなり、ほとんど眠れぬままを朝を迎えた。

氷を口に含み続けることで何とか夜を越したが、

翌日は仕事だったため、明朝に薬局で「新今治水」を購入し応急処置しつつ

終業まで耐え、夜間営業の歯医者へ駆け込んだ。

一年以上前に急に歯が欠けて以来、

ずっと放置してきたツケが一気に返ってきたのである。

単純に歯医者に行くのが面倒だったのだ。

 

結論から言うと、すぐに歯医者へ行けば良かったと思う。

虫歯なんぞ一瞬で治る。

保険も効くから、早く行けば行くほど安く治せる。

僕は放置し続けて、かなり悪化した状態だったので、結構お金がかかってしまったが…。

 

初診⇒レントゲンをとって神経を削って仮の詰め物入れる(6800円)

2回目⇒残っている神経削って仮の詰め物入れる(900円)

3回目⇒歯の根っこに樹脂を詰める(1200円)

4回目⇒仮歯を入れる(1400円)

5回目⇒本歯(銀歯)の型をつくる(1600円)

6回目⇒銀歯入れる(4000円)

 

約一か月半かかってようやく治療が終わりました。

しめて約1万6000円くらいかかりました。

もっと早くいけば数千円で済んだのに!

 

しかし、まだこれで終わりではありません。

 

実は、もう一本放置していた左奥歯の親不知があるのです。

もはや根っこだけになり原型はとどめてない状態で、痛みはありません。

ただやはり噛みづらいので、うまいことそのゾーンは避けて咀嚼しています。

「僕は虫歯に自力で勝ったんだ!」と思ってましたが、違うみたいです。

虫歯菌は腐った根っこの奥にまだ潜んでいるそうです。放置はやばいそうです。

 

※次回の治療は7/10(木)です。お楽しみに!

 

 

割と効きます。

【第2類医薬品】新今治水 4mL

【第2類医薬品】新今治水 4mL

  • 出版社/メーカー: 丹平製薬
  • 発売日: 1990/11/01
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る